美術館

Category
特別展 東西数寄者の審美眼~五島美術館

特別展 東西数寄者の審美眼~五島美術館

先日、九州国立博物館に行った時に置いてあったチラシ。 特別展 東西数寄者の審美眼が世田谷の五島美術館で開催中と。 五島慶太と小林一三の茶道具が見られるのか!行きたい! 五島慶太の話は、「土地の神話」に詳しいです。 東急の五島慶太と阪急の小林一三ですよ。 この2人のコレクション、観たいと思いませんか。 羽田から1時間ほど...
オークラコレクション展

オークラコレクション展

九州国立博物館で開催中の特別展「オークラコレクション」に行ってきました。 七五三でごった返す太宰府天満宮の隣なので、11月は道も駐車場も混んでいるだろうなと思っていましたが、博物館はそこまで混んでいませんでした。 音声ガイドのナビゲーターは中村獅童。 まず、オークラってあのホテルオークラ?と思い浮かんで調べたらそうでし...
九州国立博物館 至上の印象派展

九州国立博物館 至上の印象派展

あなたはきっと恋をする キャッチーなコピーで絶賛展示中の至上の印象派展に行って来ました。 なぜか撮影OK。 黒山の人だかりとはこのことで、イレーヌをまるでアイドルのようにスマホで撮る人人人。 しかし写真を撮って満足してたら何も残らない。 私は息子の運動会をビデオで撮影するのはいつのまにか辞めた。 リアルの息子を目に焼き...
大名茶人 松平不昧~お殿様の審美眼

大名茶人 松平不昧~お殿様の審美眼

東京日本橋の、三井記念美術館に行ってきました。 「枝もなく 葉もなく花もちりうせて 心の花を活けてこそ花」 利休も花を生けずにお茶をたてたことがあるというエピソードがあったが、それを意識しての銘なのだろうか。 不昧作、竹筒花入(銘心の花)には、この句が添えてあった。 心の花。私も枯らさず、いけたいものです。 松平治郷(...
王義之と日本の書

王義之と日本の書

九州国立博物館にて2018年2月10日から4月8日まで開催中の 「王義之と日本の書」 に行ってきました。 なぜか鳥居がピンクに。 ちょうどイベントがあっていたようです。 ハッキリ言って、何が書いてあるのかほぼ読めない・・・。 しかし、音声ガイドで、書は読めなくていい、形を鑑賞すればいいというようなことが語られていて、あ...
お正月の九州国立博物館

お正月の九州国立博物館

今年は元旦から特別展をやっていないので、空いてるかな、と2日、九州国立博物館に行ってきました。 太宰府天満宮は激込みなので、太宰府に行くことは自殺行為では? それが、目論見通り、博物館はそこまで混んでないので、スムーズに駐車場に停めることができました。 もちろん、ロードスターで笑 博物館の駐車場、おすすめです。 常設展...
新・桃山展~大航海時代の日本美術

新・桃山展~大航海時代の日本美術

九州国立博物館に2017年10月14日から開催された桃山展へ行ってきました。 音声ガイドは草刈正雄さん。 この音声ガイドが誰なのか、は非常に重要だと私は思います。 だって耳元でささやくのですよ。 声がいいほうがいいに決まってるではないですか。 声と言えば、ショーンKさんはとても美声でしたね・・・。もったいないことです。...
ラスコーの壁画を福岡で見る~ラスコー展

ラスコーの壁画を福岡で見る~ラスコー展

2017年7月11日~9月3日まで、九州国立博物館に巡回中のラスコー展に行って来ました。 ラスコーって何 フランスの洞窟で、1940年に偶然発見され、クロマニョン人が描いた壁画が残っていたそうです。 しかし公開後、観客の吐く二酸化炭素により壁画が劣化したため、今は公開されていないとのこと。 壁画の劣化といえば、日本でも...
タイ~仏の国の輝き~

タイ~仏の国の輝き~

九州国立博物館で催されているタイ展に行ってきました。 音声ガイドはみうらじゅんさんといとうせいこうさん。 なんでこのお二人?と思いながら音声ガイドを借りたのですが(540円) お二人はタイ仏像大使なのですね。そんな大使があることも知りませんでした・・。 仏像がどれも微笑んでいる とガイドでおっしゃるように、本当にすべて...
宗像・沖ノ島と大和朝廷

宗像・沖ノ島と大和朝廷

九州国立博物館で開催中の「宗像・沖ノ島と大和朝廷」へ 2017年2月20日、今日は休館日なのですが、特別に内覧会のご招待に当選しまして、喜び勇んでいきましたよ。仕事がぎりぎりまで押してしまったので、少し遅れて。 正面から入るまでのエスカレーターの修理など、やっていました。休館日だからこそやる仕事があるのですね。お疲れさ...
Return Top