美術館

夏休みの自由研究にも!特別展室町将軍 – 戦乱と美の足利十五代 -九州国立博物館

室町将軍 – 戦乱と美の足利十五代 -を鑑賞に、九州国立博物館へ行ってきました

室町時代と言えば足利家。
将軍が愛でた芸術品が楽しみです。
夏休みなのでお子さん連れのご家族が多かったですね。
しかも、お子さんが興味を引くような工夫がたくさんありました。

まず、ワークシートに沿って、鑑賞しながら問題を解いていくことができます。

この問2の問題。だいたい博多ポートタワーって地元の人以外ご存じなのかな。
当時福岡市民図書館があって、小中学校の頃はよく通いました。懐かしい。

そして室町時代と言えば勘合貿易。懐かしい。これもわかりやすく解説されています。


ワークシートには勘合貿易で使われた勘合も印刷されており、夏休みの自由研究で使っても。
一生懸命メモをしている小学生のお子さんもいましたよ。

私の好きな油滴天目。これは九州国立博物館の常設にあるので、この特別展が終わったら、4階に戻るのかな。私はいつもこの茶碗をうっとり見つめて帰っています。昨年、東京の三井記念美術館に行ったときにこの油滴天目があったので、こんなところで会えるなんてと感激した思い出があります。そのときの記事はこちら

茶碗好きの私はこれに注目。青磁輪花椀 銘馬蝗絆(ばこうはん)
義政が、この茶碗ひびが入っているから代わりのもの送ってよ、と中国に送ったところ、こんな優れた茶碗はもう作れないと言われて、かすがいで止めて直して戻ってきたそう。


ここは撮影OKエリア。京都等持院から運ばれてきた足利将軍像。圧巻ですね。
この中にはくじ引きで将軍になったという六代義教(よしのり)も。
この特別展の出口に、ももクロのサインが!撮影禁止なのが残念でしたが、ファンの方は見てみてね。

なりきり美術館

4階の常設エリアにはまた子どもが喜びそうな企画展がありました。
特に人気なのが顔パフォーマー麗子。
デジタル顔はめで自分の顔が麗子に。

これは夫の顔。文字も書けるのですよ。麗子ではなく、れいお、と言っています。
夏休み、宿題の追い込みが大変でしょうが、九州国立博物館にも足を運ばれてはいかがでしょうか。
写真は九州国立博物館より提供を受けました。いつもありがとうございます。
そして、HPにもブログを紹介していただきました。うれしい。

特別展室町将軍 – 戦乱と美の足利十五代 -九州国立博物館
会 期:令和元年(2019年)7月13日(土)〜9月1日(日)
休館日:月曜日
開館時間:日曜日・火曜〜木曜日9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
金曜日・土曜日【夜間開館】9時30分〜20時00分(入館は19時30分まで)
観覧料:一 般 1,600円(1,400円)
高大生 1,000円(800円)
小中生 600円(400円)
【夜間割引料金】
一 般 1,400円
高大生 800円
小中生 400円
特別展動画はこちら

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。