特別展 東西数寄者の審美眼~五島美術館

特別展 東西数寄者の審美眼~五島美術館
先日、九州国立博物館に行った時に置いてあったチラシ。
特別展 東西数寄者の審美眼が世田谷の五島美術館で開催中と。
五島慶太と小林一三の茶道具が見られるのか!行きたい!
五島慶太の話は、「土地の神話」に詳しいです。
東急の五島慶太と阪急の小林一三ですよ。
この2人のコレクション、観たいと思いませんか。
羽田から1時間ほどでたどり着くようだったので、行ってみました。
やはり東急沿線にあるのですね。
上毛町で降りて、10分かからないくらいのところ。
世田谷の閑静な住宅街の中。
五島家の家の隣に五島美術館がありました。写真はお庭からみたところ。
見事な井戸茶碗が。
そして、昭和22年に行われた一三の茶会で使われたお道具と、五島慶太が25年に行われたお道具が並んで展示されていました。
戦後間もない時期にこんないいお道具でお茶会?なんだか不思議な気分でした。
一通り見終わって庭園を散策しました。広い。目の前に二子玉川のタワーマンションが見えました。
庭園には茶室が数カ所あり、どれだけ広いのかと驚きました。
金曜日のお昼過ぎだったからか、年配の女性がたくさん。私も平日昼間に美術館に行く身分になりたい。
名品を堪能し、美術館を後にしました。
東京はたくさん美術館があって、本当に羨ましい。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top