backnumber

backnumber『黄色』

今日は、backnumberの『黄色』という歌を聴いて考えたことです。

私がファンになったのは、ミュージックステーションで『青い春』を歌っているのを見て、誰だろうと思ってすぐチェックしたのが始まりです。
もう10年近く前ですね。

created by Rinker
ユニバーサル
¥1,049
(2021/10/21 07:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

チケットが取れないのでファンクラブに入って、何回かライブに行ったこともあります。
ただファンクラブ限定ライブに行って、ファンを舞台に上げてクイズやったりしてるのを見て、なんかガッカリした。
もっと歌が聞きたいだけなのに、と思ってそこからファンクラブは辞めていました。
ホントに歌が好きだったから。

oneroom party vol.4 @DRUMLOGOS backnumber 2018年2月3日(土)@DRUMLOGOS 今日はback numberのファンクラブ限定ライブ。ライブハウスで850人だけのラ...

で、先日リリースされた『『黄色」という歌のYouTubeを見たのですが、衝撃でした。
歌にのせて繰り広げられる物語が
女の子が女の子を好きになる話なのです。
歌自体は、異性を好きな歌として聴けます。
とうとうこのような歌が出る時代になったんだーそして受け入れられる日が来たのだと心底驚きました。

当たり前って何なんだろう。
黄色というタイトルにどんな意味があるのか。

歌詞の中に信号が出てくるので、
彼女への気持ちを止める黄色信号なのか
早く渡れという意味なのか
と考えると深い。
歌詞の中には黄色が出てこないのに。

そしてもしこの歌を聴いて戸惑うなら
あなた黄色信号ですよ、当たり前を疑ってください
と言いたいのかな。

今日はback numberの黄色を聞いて、同性愛がミュージックビデオで表現される時代になったことから、当たり前を疑うという話でした。

created by Rinker
¥6,328
(2021/10/21 07:02:56時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。2017年3月修了。MBAホルダーです。2級ファイナンシャルプランナー技能士。2020年保育士資格を取得。2020年9月kindle出版しました。こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーにようこそ https://amzn.to/34OB1qX