oneroom party vol.4 @DRUMLOGOS backnumber 

oneroom party vol.4  @DRUMLOGOS backnumber 

2018年2月3日(土)@DRUMLOGOS

今日はback numberのファンクラブ限定ライブ。ライブハウスで850人だけのライブという贅沢。
ライブハウスに並んで入るのはZeep以来久しぶりで、整理番号なんてあってないようなもんだと思っていたら、きっちり並ぶのですよ。
目星をつけた列の人に声をかけて、この辺は何番の方が並んでいるのか確認。
800番代だった私はほぼ最後のほう。入るのに1時間強かかりました。
寒かった。

45分ほど歌ったあと、休憩と言って一旦メンバーが引き上げた。え~~?ライブなのに??と驚く。
そして、なにか準備が始まり、なんだろうと思って待っていると、抽選で当たったファンを舞台に上げて、一緒にクイズやったり歌ったり。正味1時間も。
私は初めてだったのでその仕組みを知らず、ポルノグラフィティのファンクラブ限定ライブとは全く違うことに、ただただ驚き。

今日、整骨院で昨日の疲れをいやしながら、ライブの話をした。
「わ~いいですね~。」
と電気治療をしてくれた方は言ってくれました。

私は、ライブハウスという至近距離で、普通のライブでは歌わないような昔のアルバムとか歌ってくれるのを期待していた。
別にファンと近づいてクイズとかやらなくていいのに・・少しでも生歌聞きたかったのに・・・。
たぶん舞台に上がった人たちは一生の思い出になったでしょう。それはよかったと思うけど。

ポルノは、この前の限定ライブでは、デビューアルバムを収録順に歌ったのよね。
そんなこと、ツアーじゃ絶対できないし、しないような企画。泣きましたね。懐かしく、ほろ苦く、初心に帰れた

最後にボーカルの依与吏さんが、
「俺たちの本分として、あなたの人生にかかわる曲を届ける。」
と言ったことは、とても心に沁みました。この人は、本当に自分の役割を言葉にするのが上手だ。
彼らのミッションステートメントなんだね。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top