15th Feb 2016 Zapp Fukuoka Fun Club Under World 5

15th Feb 2016 Zapp Fukuoka  Fun Club Under World 5

Zepp Fukuokaでのポルノグラフィティのライブに行ってきた

やっぱり15年以上プロでやってるバンドは違うとしみじみ思うファンクラブ限定ライブだった。

ファンクラブ限定ライブは不定期に行われていますが、今回は何年振りだろう・・?やっぱりライブハウスは距離感が半端なく近い!息苦しいけど笑

ポルノグラフィティ ライブ

派手なセットは一切ない。

潔よいが経費節減?初心に帰ってるの?よくわからないが、別に歌を聞きにきてるのだからよかろう。

20160221_094327338_iOS

今回はファンなら泣けるアルバムを最初から最後までしかも順番に歌うという試み。
いつもならライブの最後らへんで歌う歌を、そのアルバムの順番なので道半ばで歌う半端感とか・・笑なんか新鮮で。
そして昔のアルバムを歌うってこと自体、そうないので感動しました。
デビューアルバムって、どのアーティストもそうだけど、とっても勢いがあるもの。
たぶんデビューアルバムを超えるアルバムを出すって難しいのだと思う。
わたしもポルノグラフィティのデビューアルバムがかなり好きです。それ、まさか生で聞けるなんて・・なんて贅沢なの。涙が。

一曲一曲解説しながら

歌ってくれました。その時のレコーディングの天気とか、土壇場でできた曲だったとか、当時外国で流行っていた曲のイメージで作ったとか。「ヒトリノ夜」はインディーズ時代のオリジナル曲で歌ってくれました。本人たちも今の曲のほうがいいと言っていた通り、本間さん(作曲、編曲者)のアレンジでかなり変更になっていたことがわかりました。プロの手が入るとはこういうことか、と体感したようなことをボーカルの昭仁が言っていました。自分たちの作り上げたものに手を加えられる怖さ、そして驕りもあったと思います。だって自分の作ったものは最高だと思って歌うのでしょうから。それでもこうしたほうが売れる、とプロが手を加え、そしてそれを受け入れる。まあ、受け入れざるを得なかったのかもしれないけど、そこはプロの力量に敬意を表した感が、MCを聞きながら思った次第です。

そして、Zepp Fukuokaが営業をやめてしまうということで、ここでポルノグラフィティを見るのも最後。惜しいよね。

 

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top