Live

ポルノグラフィティライブ東京ドーム2日目

ポルノグラフィティライブ東京ドーム2日目に行ってきました

管理番号Aは、今日は30ゲート。

スタンドです。
昨日はアリーナだったので、贅沢は言えない。

スタンドで全体の雰囲気が見れるのは面白いです。

今日の演出で心に残ったのは、ナオト。

昭仁のコーナーで出てきた時は、悲鳴に似た叫びがドームの中に響きました。

アゲハ蝶の時に、会場のみんながラララと歌いながら手を左右に振る。

そのさまを胸いっぱいの様子で眺めてるハルイチの顔がスクリーンに映し出された時、

この光景をどんな気持ちで眺めてるのだろう。

と、想像して、私も胸がいっぱいになりました。

5万人以上の前でパフォーマンスをする。

デビュー20周年で東京ドーム2daysSをsold outできる。

リミッターはずしてますね。
30周年がもしあったとして、私は60歳過ぎますが、元気に参戦できるかな?

できるはず!

そして昨日縁ある方たちと、ライブ前にランチをして予祝しました。
予祝とはまだできていないこと、叶えたいことを口に出して、できました、というもの。
どうやったらできるかを考える。
実行していく。

ただそれだけなのよね。きっと30周年もライブを見に行きます。

経営戦略的に、少し考えたのは

このバンドはこれだけの人をまだ集めることができる、と事務所が興行を行う判断ってどうやるんだろう

ということ。

そして

結局これだけのパフォーマンスができても儲かるのは事務所なのかな

ということ。

コンテンツを用意する側に立たないと儲からない。

もちろんパフォーマーとしては、ドームという場を提供してくれて、延10万人の前で歌うことができるのは幸せなことでしょう。

しかし、コンテンツとして消費されるだけでいいのか。アーティストがプラットフォームにならないのか。それは独立を意味するのですが。難しいですね。

スペシャルゲストで本間昭光さんが来て、一緒にピアノを弾いてくれました。
ポルノグラフィティの初期を支えた作曲家です。
どんどん一流の人を巻き込んで、見たことのない世界に行ったと振り返っていました。
売れる時ってそういうものかもしれません。
でも陰りが出た時に離れていくのも早い。

全てが今を作っているという言葉には20年の重みがありました。

ファンとしてライブを堪能しながら、今日もいろいろなことを考えてしまいました。

昨日と演出が変わっているところと同じところがありました。
本間さんとのトークは昨日より短め。
ウェーブの練習もハッピーバースデーの歌も無しでした。

12月発売のDVDは、どのような編集になるのでしょうか?楽しみですね。

ポルノグラフィティ 20th Anniversary Special Live Box(仮)(完全生産限定盤) (初回仕様) [DVD]
created by Rinker
¥15,533
(2019/09/21 21:16:48時点 楽天市場調べ-詳細)

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。