読書

2021年6月に読んだおすすめの本

今月も読んだ本をご紹介したいと思います。

教えないスキル 佐伯夕利子著

IT関連の講師をされている方にご紹介いただいた本。
サッカーのコーチについて書かれていますが、教えるということに関わるすべての職業に通じる本だと思う。

考える癖をつけることに重きを置き、考える余白を作ってあげる。
言うはやさしいが、実践するのは難しい。
一方的なコーチングをせず、問いをつくることに心をくだく。
がんばらせる指導ではなく、自分で判断できる力を導く指導。
子育てにも有益ですね。

お金か人生か 給料がなくても豊かになれる9ステップ

お金を通じて自分の人生と向き合う本だと思う。
何にお金を使っているのか、一つ一つ把握するステップがある。
私はいくら稼いでいるの?
これはいくらで買ったっけ。(自分のガラクタに値段をつけるのは相当苦痛)
いったいいくら残っているの?
そして、これがない方がいいよね、と思う物があるのなら、なぜそれを手放さないのか考える。
お金って何でしょうね。

THE CATALYST 一瞬で人の心が変わる伝え方の技術

カタリストとは触媒のことです。
人の考えを変えるにはどうしたらよいか。変化の触媒になる方法が書いてある。
心理学の効果を使って心を動かす具体的なやり方がケーススタディを使って示されており、とてもわかりやすい。
例えば保守的な銀行で、顧客に心からサービスしたい、誕生日にカードを送るとか、と提案しても全く受け入れられなかった。
だが、提案者はまず銀行内の社員たちに心からのサプライズプレゼントを用意する。
バースデーカード、入院した家族のためにFacebookでカンパを集めて渡す・・その後、もう一度提案したら誰も反対しなかった。
そんなことやっても変わらないという不確実性を変えたのである。

2022――これから10年、活躍できる人の条件

9年前に書かれた本。
答え合わせのつもりで読みました。
Amazonアンリミテッド対象。
筆者はiPhoneの衰退をこの時期に予想していました。
実は当時私はこの本を読んでいたのですが、まさかね、と思っていました。
製品のライフサイクルに当てはめれば想像できること。
2016年春、シリコンバレーに研修に行ったとき、研修先の方が、日本ではiPhoneって言ってるけど、こちらではそうでもないんだよ、と話しておられました。
答え合わせに読んでみても。
答えが合っている合っていないではなく、こういう予想の仕方をするんだということが学べました。

↓アンリミテッドはこちらから。申し込んで30日間は無料。30日以内なら解約しても無料で読めます。

 

今月読んだおすすめの本 2021年5月家でおとなしく、と言われて仕事以外はほとんど出かけず、読書三昧。 蜜蜂と遠雷 恩田陸 (function(b,c,f,g,a,d,e...
ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。2017年3月修了。MBAホルダーです。2級ファイナンシャルプランナー技能士。2020年保育士資格を取得。2020年9月kindle出版しました。こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーにようこそ https://amzn.to/34OB1qX