読書

グラレコでおすすめの本

グラフィックレコーディングってご存じですか

グラフィックレコーディングとは、議論を可視化するツールです。
私は授業をメモるときに絵を入れることで、あとから思い出しやすくしたり、説明しやすくしたりしていました。
なので絵で議論を可視化できるって面白そう、やってみたいと思いました。
そんなときに出会ったのが
『はじめてのグラフィックレコーディング』
という本でした。

実際に描いてみました

まだiPadを購入してないので、デジタルでは絵を描けませんが、私はいつもモレスキンでメモをしています。

今回、勝間塾月例会の話を聞きながらメモってみました。
これはその一部です。

フキダシで感情を表現する

本の中に、フキダシの形で気持ちを表すことができる、とありましたので、
「スマホはバカになる」
という勝間さんの言葉を強く表現したフキダシにしてみました。
マンガと同じように、フキダシで驚きや怒り、楽しさを表現できるのですよね。
これも立派なグラフィックレコーディングなのですね。

伝わる言葉選びをする

描いた後、あらためて『はじめてのグラフィックレコーディング』を読み直し、もっとこうしたほうが良かったのか、と思い知りました。

例えば、ノートの最後の
「軽い散歩、運動、家事」
もアイコンにすることができそうだと思って描き足してみました。

家事を絵にするのが難しい。
洗濯物を干すイメージでハンガーを描いてみました。伝わりますか。

グラフィックレコーディングは聞きながらすばやく絵にし、それが伝わるように表現しなければなりません。
言葉をすばやく絵や図に変換する慣れが必要ですね。
その方法が詰まった、『はじめてのグラフィックレコーディング』はおすすめです。

#翔泳社ブックアンバサダー

 

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。2017年3月修了。MBAホルダーです。2級ファイナンシャルプランナー技能士。2020年保育士資格を取得。2020年9月kindle出版しました。こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーにようこそ https://amzn.to/34OB1qX