読書

ファクトフルネス サル以下の私たち

新聞にはいつも週刊誌の煽るような広告記事。
飛行機が無事に着陸したこと、農作物が豊富に取れていること、今日も安全に列車が走っていること、何も記事になりません。
なぜか?私たちにはネガティブ本能や恐怖本能などがあるからです。
そしてこれらの本能を動かさない記事は、間違っていると思ってしまうのです。

本の最初に提示される質問の数々、すっかり間違えてしまいました。
サルでさえ3分の1正解だというのに・・・。

車より列車、飛行機

私は、しつこいですが笑片道2時間通勤をしております。
転勤が決まったときは、車通勤が一瞬よぎりましたが、事故る確率が高いと判断し、列車を乗り継いで行くことに。
在来線が結構な頻度で遅れるため、乗りたい新幹線に乗れないことが多々あります。信号機の故障だの、接触事故だの、電線にビニールが引っかかっただの…。
それでも何百本と走る列車のほんの一部ですし。そして鈍行より特急が優先されることが改めてわかり、特急に乗れるときは追加料金を払ってでも乗ることにしました。

私の仕事は、飛行機に関わる人が多い職場。ですが、全く落ちてません。安全です。整備の時の怪我がたまにあります。調査すると、手順通りにやってない。
マニュアルは自身を守るためにあるとわかります。
車も、皆が安全運転なら事故は起こらないのですがね^_^

被災地で支援してほしいものは?

スマホからけたたましい音が一斉に鳴る。
3年前の4月。博多駅のサテライトオフィスで、大学院の講義を受けている最中。
数秒後、大きな揺れ。
地震!
熊本地震である。
職場から安否確認の電話が鳴る。
JR動くのか?
JRや電力、市役所、そして熊本から授業を受けに来ている同期が顔面蒼白。講義終了後、教室から飛びだした。
それからゴールデンウィーク過ぎまで、職場は臨戦態勢でした。

テレビはインパクトのある映像ばかり映す。ホントはどうなってるの?
被災地で支援してほしいものは刻々と変わる。

福岡市の高島市長は、今欲しいものはこれとこれ!〇〇小学校に持ってきてね!と明快に発信してくれた。

情報に振り回されず、何が本当なのか、落ち着いて精査する。仕事と同じですね。

それにしても、パターン化本能を全く無視する人が一人いた。
昨日、最強伝説で書いたお局様である。
私たちの職場でいっちばんえらい人が事務所に来て、
「このお知らせは私宛ではなくてこちらではないか」
と封筒をわざわざ持ってきてくれた。
みんな立ち上がって直立不動の姿勢なのに、お局様だけは座ったまま
「ああ、本当ですね。これはうちのです。」
と平然と受け取る。
座ったまま!!
誰も注意しないけどいいんだろうか。
偉い人が来たら立ち上がる、というパターンは、お局様には通用しない。

[amazonjs asin=”4822289605″ locale=”JP” title=”FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣”]

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。