読書

定年後を見据えた準備

定年後

という本を読みました。
その時の記事はこちら。
定年後のおじさんたちが行く場所もなく、図書館やスポーツクラブをさまよう様子が描かれて痛かった。そして自分もそうなりそうで怖かった。
だからこそ、子育てが一段落しつつある今、自分に投資をしているところであるが、起業とか、転職とかまでの何かがあるわけでもない。さまよっているのは私も同じかも。

将来への備え

そんな時、職場の、10歳ほど年下の女性と雑談してました。
お子さんがいないからかと思っていましたが、話してみて、きちんと将来について考えておられることに感心しました。
少しずつ、自分の興味のあることに関する勉強をし、取れる資格は取る。
今、挑戦中なのは整骨院の先生だそう。
ハンドマッサージやフットマッサージも学んでいるので、女性専用のマッサージサロンを開きたいなと考えているそうです。
私は息子に整骨院の資格を取らせて店を出させよう(イケメン整骨院)と一時期思っていたので、その話は大いに盛り上がりました^_^

異動希望調査

転勤してきたばかりというのに、また人事から異動調査のデータ入力の依頼が来ました。
毎年のことではあるのですが。延長含めてももう定年まで10年切ろうとしてるのにまだまだ転勤させるんだろうか。させるんだろうな。
早期退職のチェック欄がありますが、ここにチェックを入れる勇気はまだ、ないです。
早期退職が認められると、依願退職ではなく、定年退職扱いの率で退職金が計算されるのは知っています。一見おトクではあるのですが、次が決まってないのに手を挙げるわけにもいかないなと。
今朝もワーママはるラジオを聞いていたのですが、今回は小学校受験を戦略的に合格する話でした。話を聞きながら、全ては情報収集と準備だと認識しました。
異動調査のデータ入力画面を見ながら、あと10年、どうするか改めて考えてみることにします。

定年後からのお金と住まい2019 (週刊朝日ムック) [ 朝日新聞出版 ]

created by Rinker

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。