ディーラーの営業女性は何着るの?

ディーラーの営業女性は何着るの?

今日は私の車の12か月点検。予約していたディーラーに車を出しに行きました。
予定の時間を少し過ぎてディーラーに到着すると、営業の方が外で待っていてくれて
「なりこさま、お待ちしておりました。」
と。暑いのにお疲れさまです。

1時間ほどかかるというので、本を読みながら待とうと先日図書館で借りた本を持参。
そしたら、営業の方が
「オーナーアプリに登録していただくと便利ですよ。」
というので、QRコードを読み取ってアプリをダウンロード。
オーナー用のアプリがあるんだ・・・。
登録してもらうよう言われてるのかな・・大変だなと思い、その場で登録した。
車の型式などはあらかじめ調べてくれていて、営業の方がささっと入力してくれた。

営業の女性の服について

担当の営業は女性の方で、シャツにパンツというスタイル。
夏の働く女性の服って難しいと思う。
国会議員が着るような一目見て上等とわかるスーツは社長でもないと着れないし。
ジャケットは暑い。
かといってブラウスだけだと、なんとなく頼りなさげにみられるのでは、と不安。
「みなさん、営業の服って何着てるの?」
と思わず質問してみた。
「やはり今着ているようなスタイルが多いですね。内勤のときは、制服があったので、通勤の服はカジュアルでしたけど・・・。」
生命保険会社は、同じ営業でもゆるく、ネイルとかキラキラですよねと笑。
車を売るのとはわけが違うのかな。

点検が終わって

「どちら方面にお帰りですか。」
買い物があるので左に出る、と言うと、ちゃんと道路まで誘導してくれ、車の流れが切れたところで合図して
「ありがとうございました。」
とご挨拶してくれた。すばらしい。

ここまで必要なのか?と思いましたが、前の営業(男性)と全然違う!(いい意味で)
私はうれしかったですね。
先日、「天才」石原慎太郎著を読みましたが、仕事ってやっぱり人間関係なんだなと。
この人から買いたいと思うか、政治家ならこの人に投票したいと思うかどうかは、コミュニケーション次第なのではと感じました。
待っているときに読んでいた本は、スタンフォード大学の人気の授業の話でしたが、スタンフォードの経営大学院は、別に経営を教えるだけでなく、人間力を鍛えるところだという。
12カ月点検だけでもいろいろ勉強になっています。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top