improvement

育った環境で職業選択が決まってしまう

今日は、起業について相当考えた話です。

起業って考えたことありますか。
私は、会社員卒業後何もすることがないのはいやだと思い、定年後起業するつもりで自治体の創業塾に通い、その後MBAに通いました。
いろいろ模索中なのですが、結局起業はしないだろうなと思いました。

リスクを取れるか?

なぜかというと、どうしてもリスクが取れないのです。
投資信託は買うくせに(笑)

私はラジオで時々話している通り、とても貧乏な子供時代を過ごしました。
中学生の頃から高校進学のお金を心配し、奨学金の手続きをして親に驚かれましたし、大学も奨学金とアルバイトで卒業しました。

親はいつでものんきで、15歳の私が奨学金の手続きの用紙を親に提出してここにサインをしてくれと言ったときの親の驚きときたらですね、想像できますか。

家庭環境で変わる職業選択

私の職業選択としては、絶対に定年まで続けられる仕事しかありませんでした。
その中で選んだ仕事を今30年以上続けています。
どんなにセクハラ、パワハラ受けてもです。
自分の好きなことをしたいからやめるなんて事はどうしてもできないんです。
お金が入らないことが怖いのです。

もしそういうことができる人がいるのであれば、自己肯定感の高い恵まれた家庭環境にいた方ではないでしょうか。想像ですけどね。
今日は、育った環境でリスクが取れ、職業選択が決まってしまうのではという話でした。

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。2017年3月修了。MBAホルダーです。2級ファイナンシャルプランナー技能士。2020年保育士資格を取得。2020年9月kindle出版しました。こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーにようこそ https://amzn.to/34OB1qX