投資信託

投資でお金を増やすための失敗の数々

自分の投資について語るイベントがありまして、私も振り返りました。
投資というほどのおおげさなものはやっていませんが、20年ほどになります。
これが経験となりました。
本当に、投資ってやってみないとわからないし、失敗もしますし。
でもその経験がすべて身になっていますね。

投資をするきっかけの雑誌

2000年前後だったと思いますが、
レタスクラブの派生雑誌「お金の本」という身も蓋もない、いえ、わかりやすいタイトルの雑誌が当時ありまして、お金の本というストレートなタイトルに惹かれて買いました。
そこには

  • ネットで証券会社に口座が開ける
  • ミニ株というものがあり、100株は買えなくても10株なら買える

とありました。
まだネットの証券会社がない頃、野村證券と大和証券がネットで口座開設できるとあり、口座開設に挑戦してみました。
今のようにスマホもない時代。
免許証やらなんやらかんやらコピーして、住民票やら、何回書類往復したら口座が開けるんだ!!とつぶやきながら開いた思い出が。

初めて買った投資信託

そして、野村證券では、当時テレビで大々的に宣伝していた投資信託、
「フィデリティジャパンオープン」
を買いました。例のお金の本にも載ってたし。
これは月々1万円買ってみました。
ところが、
ITバブル後、基準価格が半値となり、恐ろしくてどうしてよいかわからなくなり、当時はドルコスト平均法という言葉も知らず、

なりこ
なりこ
と、とりあえず積立をお休みしよう

とコールセンターに電話したと思います。
ずっとそのまま持っておりまして、新聞で基準価格を確認しつつ、はやく買ったときより上がらないかなと10年くらい放っておきました。
そしてついに!!民主党から自民党に政権が代わったタイミングで株が上がり、基準価格も元に戻ったので解約しました。プラス3万円。
あのまま、コツコツ買っていればとは思いますが、当時解約しないだけでもよかったです。

初めて買った株はミニ株

野村でフィデリティジャパンオープンを買ったタイミングで、大和証券では、ミニ株に挑戦しました。
当時憧れの株、トヨタ、ソニーを10株ずつ買い、またも「お金の本」に載っていたアイホンと東急不動産も買ってみました。
この原資は、バブル期にゆうちょに定期預金していたものが満期となり、利息が20万もついたので(今では信じられないくらい)これはあぶく銭だから、無くなってもいいやと思ってミニ株を買ったのです。

それが、トヨタはともかく、当時ソニーの経営が思わしくなく、買ったときよりも4分の1くらいの価額になってしまい、ソニー終わったかも・・・と思いました。
ここでソニーを買い増ししておけば、今頃・・・。
株の恐ろしさを体感しました。ミニ株とはいえ、4分の1ですからね。

同じく、政権が代わったタイミングで、やっと価格が上がった東急不動産は売りました。
私はプラスになるまで我慢強く持つタイプ。

ただ、アイホンは全然上がらず、もうインターホンの会社ってだめなの?と思いながら待って待って20年。今年になって株価がやっと買値より上がったので売りました。
未だ、トヨタとソニーのミニ株は持ち続けています。
どちらも倍にはなりましたが、所詮10株です。ですが、チャリンチャリンと小銭ですが、配当金は入ってきます。
一昨年かな、大和証券もミニ株は辞めますとお便りが来て、ホールドし続けるか、るいとうに変えるしかなく、るいとうだと手数料が・・・と思い、本当にただもっているだけの2つのミニ株です。

未だに続けている投資信託

同じくお金の本に連載されていた、さわかみ投信の澤上氏に感銘をうけ、毎月1万円ボーナス時3万円の積立をしてはや18年を過ぎ、これは元本の倍になりましたが、インデックスだったらもっとイケてたかも、と思わざるを得ません。

さわかみ投信を始めて17年記念日2002年の8月。やってみたいと思うと居ても立っても居られない私は、当時投資信託って何?という状態からさわかみ投資を始めた。あれから17年かー。月1万、ボーナス時3万をコツコツ続けた結果。...
これも東日本大震災のとき、基準価格が3分の1くらいになり、気絶しそうになりましたが、いつか上がる、コツコツ買うべき、とフィデリティジャパンオープンで学んだことを思い出し、積立をストップすることなく買い続けています。

優待目当ての株で失敗

優待目当てで株を買って痛い目にあったことも。
西友の株を買うと、株主専用のカードが送ってきて、いつでも5%オフで買えるので、楽しく使っておりました。
しかし、ぼんやりしている間にウォルマートに買収され、買った値段の半分で手放さなければならなくなりました。
10万ほど損しました。
株主優待目当てもやばいんだ、と思い知りました。
また、株は買って終わりではない、ということも勉強になりました。

米国ETFを積立してみることに

インデックス投資はお金が増えていることが目にみえないのよね、と言う話をさせてもらい、ETFに挑戦してみようと思い立ち、米国ETFを積立してみることにしました。

米国ETFを定期積立ってどうするの米国ETFを積立してみることにしました。 どうやって買うのかわからなかったので、調べてみました。 米国ETFを積立してみたいけど、ど...

このため、NISAをSBI証券に移し、(その前はセゾン投信)今年3月から買い始めたところです。セゾン投信は5年ほどやりました。持っておけばよかったかな。
意外とアクティブ投信が好きなんですよね。ファンドマネージャーが好きかどうかで判断しているところもありますね。

まとめ

まだ、インターネットがISDNだった頃から、地味にいろいろと挑戦していました。
もし、あの頃挑戦していなかったら、たぶん貯金だけしていた普通の人でした。
いろいろやっていたからこそ、国がiDeCoやNISAを勧めてくれたとき、これはチャンスねと素直に思いました。私の失敗がご参考になれば幸いです。





投資信託を始めたいあなたへ投資信託を始めたい というご相談を問い合わせ欄からメールでいただきました。 とてもうれしかったです。ありがとうございます。 ご相談...
ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。2017年3月修了。MBAホルダーです。2級ファイナンシャルプランナー技能士。2020年保育士資格を取得。2020年9月kindle出版しました。こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーにようこそ https://amzn.to/34OB1qX