叱られバー

こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーへようこそ⑰

こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーへようこそ⑯https://nariko1.com/archives/4804 「その目標が達成できなかったらかなりヤバいことがわかった?」 ...

「わかります?ブライトリングです。
うちの営業所のマネージャーがしてるのを見て、自分も欲しくなってつい。かっこいいんですよ。」
「あーあのイケメンマネージャーね。」

ママは、ロードスターを買った時に接客してくれたマネージャーを思い出していた。
確かにスーツもパリッとしていたし、持ち物もよさげだった。
だからって、持ち物を真似してもモテるわけでもあるまいし。
しかし、そのお金はどこから?

「どうやって買ったの。」
「もちろんキャッシングで。」
「ええ?」

ママと松田さんは同時に声を上げた。

「いやまあ。」

裕二は頭をかいた。

「それ、いつ買ったの。」
「えーっと去年の冬かな。ボーナスで返しましたよ。」

裕二は胸を張る。
そこは胸を張ってイバるところではない。
ママは呆れた。

なぜキャッシングなのか。
なぜせめてボーナスが出るまで待てないのか?
ボーナスは赤字穴埋めで使い果たしているのではないのか?

様々な疑問が湧き出てくる。

「もしかしてクレジットカード持ってないの?」
「あ、会社のやつ持ってます。クレジットカードって怖いですよね、使いすぎると。
リボ払いとかいう払い方の方がよかったのかな。
あれってポイントがもらえてお得なんでしょ。」

裕二が笑う。知らないとはなんと恐ろしいことだろう。
クレジットカードの使い過ぎを恐れるあまり、キャッシングに走るとは。
そしてリボ払いをお得だと思っているとは。
しかし、リボ払いを選択してなくて本当に不幸中の幸い・・・。

「なんか、お金貯まらない気がしてきたわ。」
「えっそんな。貯まらないと困るんです。」

裕二に心底お金が貯まらないと困る、という意識づけはできた。
しかし、どこから何に手をつけたらよいのか、一旦整理しなければ。

こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーへようこそ⑱https://nariko1.com/archives/4839 「一般的には収入の2割を貯金するといいと言われているけど、冨田...
ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。