時短

「超コントロール思考」で在宅勤務を管理

連休は終わりましたが、引き続き在宅勤務という方も多いでしょう。
在宅勤務で自分をうまく管理していくにはどうしたらいいのか?
そんなことを考えながら勝間和代氏の「超コントロール思考」を読み直しました。

これはKindleアンリミテッドで読めることに気づいたからです。

ちなみにKindleアンリミテッドは今3ヶ月299円というキャンペーンを行っていますので、一度辞めていたのですが、私は入り直しましたよ。

私はこの本が出たときに買って読んでいました。そのときの記事はこちら
在宅勤務をどう管理したら良いのか。
改めてKindleで聴きながら考えてみようと思いました。

とりあえず仕事服を着る

皆さんが仕事モードになる時はどんな時でしょうか。
私は仕事用の服に着替えて化粧した時です。
部屋着のままでいると、ダラけて仕事をする気になれません。
とりあえず服を着る、それが家庭と仕事の境界線を維持するということですね。

在宅勤務でフレックス制度を活用する

私の職場は、8:15から17:00までの仕事です。
在宅勤務は、基本的にこの時間でやります。
しかし小さいお子さんがいると、この時間帯を守って仕事に集中なんてできない・・・。
仕事を時間でコントロールすることが難しい!
そんな時は、自分にとって最もうまく機能する時間帯を見つけて、その時間で仕事ができるよう会社と交渉する。

これが勝間さんがいうコントロール思考

私は、在宅勤務でもフレックス制度を使えることが、職場の制度で知ったのでこれを活用します。
ご自身の会社が、今どんな制度を導入しているのか、調べるのってすごく大事。
私はこの制度、自分で調べて課長に交渉しましたよ。
敵を知り己を知れば百戦危うからず!

家事をコントロールする

在宅勤務中だと、家事をついやってしまい、効率が悪くなるとお考えかもしれません。
仕事着に着替えたら、基本家事しないと決意。

そのために導入すべきは

  • ドラム式洗濯乾燥機
  • ルンバ
  • ホットクック
  • ヘルシオ
  • 食洗機
です。
「超コントロール思考」でも述べられていますが、料理洗濯掃除を1日1回ほぼ無意識に作業ができるまで作業内容を合理化することです。
私は片道2時間のところに転勤が決まった際に、ドラム式洗濯乾燥機とルンバ導入を決意しました。
そのほかのものは既に取り入れ、自在に使っていたので問題なし。
今、調理家電がやっと注目されてきましたね。
「超コントロール思考」で在宅勤務を自力で管理しましょう!!

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。