Life

物事の本質を考えるって?

ブログのアクセスが少ないんです、という相談をしたら、
「ハッシュタグで○○(芸人の名前)って入れとけば。」
と言われました(笑)
要は検索ワードを入れてねということでしょう。

しかし内容が全く関係がないのにそんなハッシュタグいれたら読み手をがっかりさせますよね。
ブログを読んでもらうって難しい。

せっかくなので少し書くと、昨日のワールドビジネスサテライトを見ていたら、例の社長の会見を取り上げていました。
ワイドショーじゃあるまいし、経済ニュースでなぜ取り上げるんだろう。
と思いつつ見ていたら、キャスターの大江麻理子さんが
「企業の危機管理としてどうなのかを知りたかった。」
と。なるほど。
解説の市川さんは
「この問題の本質は、社会である一定の影響力のある人が、反社会的勢力にサービスを提供して対価をもらったことである。
そしてそれが属人的なものなのか、構造的なものなのか、さらにはどういう対策をすればこういう問題を抑止できるのかという議論を掘り下げないといけない。」
と言われた。
しかし掘り下げることなく、この話は、感情に流されることなく物事の本質をみていかないといけない、というコメントで終わってしまいました。
もったいない~。これが精いっぱいだったのかな。

イシューからはじめよという本を思い出した。
仮説を立てる。
一次情報を集める。
もれなくダブりなく考える。

イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」 [ 安宅和人 ]
created by Rinker
¥1,944
(2019/08/24 10:22:56時点 楽天市場調べ-詳細)

そういえばビジネススクールの企業倫理での授業では、世界の企業はその原材料がどうやって集められているか、例えば途上国の、学校に行けない子供たちが危険な環境でその原材料の生産に携わっていないか、そこまでチェックして製品を作っているという話があった。

このお金はどこから出ているのか、川下まで確認すること。
簡単ではないがそれが企業統治なのだな。

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。