振り返りの効用

振り返りの効用

昨日、手帳の会と称して、友人と振り返りの時間を持ちました。

年初に立てた目標を継続するにはどうしたら良いのだろうか?
皆さんももしかしたら、すでに年始の目標が頓挫しているかもしれませんね。

私も、今年は統計学を勉強するといいながら、ちっとも進んでいません。
時間は有限で、やりたいことを全てやる時間は作れないのです。
何かをやれば、何かを諦めることになる。
バーターするしかないのかな。

朝、通勤時に、あるサロンの課題投稿を優先していたのですが、時間を食ってしまい、英語の勉強ができなくなりました。
ではどうしよう?
新幹線に乗っている間と特急に乗る間は英語を優先する。
特急から在来線に乗り換える時間でサロンの投稿をする、とやる時間を入れ替えてみました。
サロンの投稿は、時間が限られることから、自分でも程よいプレッシャーをかけることができ、内容はともかく投稿することに主眼を置いてやっています。
慣れてくると、内容もパッと浮かび、早くできるようになりました。

これらの工夫は、週間の振り返りをして、できなかったことはなぜできなかったか、できたことはなぜできたのかを考えて、来週はどうするかを決めているから。

手帳の会は、進捗状況を話しながら、目標達成のために励まし合う、良い仲間です!
次は4月くらいかな。

そして、話しているといろいろと面白い。
英語が~と言っていると、ネットフリックスがいいよと教えてくれました。
しかしこれ以上動画を見る余裕があるのか?
悩ましいところです。


手帳仲間に人気の手帳です。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top