Financial planner

バイトで控除された税金を取り戻せ!息子の確定申告2019

息子のバイト先から源泉徴収票が来た。
「年末調整は行っておりません。ご自身で確定申告を行っていただくよう、お願いいたします。」
というお手紙とともに。

20歳そこそこの大学生に確定申告と言っても、謎だろう。
仕方ないので私が代わりにやってあげる。

今どきはネットで入力し、プリントして税務署に送るだけなので楽ちんだ。
息子の年収は10万円そこそこ。

基礎控除(所得税や住民税の計算をする際に、一律で差し引かれる控除のこと)が38万円なので、収入から基礎控除を引くと、108,000-380,000=マイナス272,000
マイナスになるということは、収入に対して税金がかからないということなので、取られた分の税金は返ってくるということだ。
3000円ほどの所得税が返ってくるので、時給950円の息子の3時間強の働きがこの確定申告で戻る計算である。

源泉徴収票の一番左の「支払金額」が38万円より少なければ、払った税金まるっと返ってきます。
確定申告のページはこちら
源泉徴収票の原本と、マイナンバーカードまたは通知書、身元確認書類(免許書等)のコピーを用意して入力してみましょう!
[amazonjs asin=”4046040181″ locale=”JP” title=”自分ですらすらできる確定申告の書き方平成31年3月15日締切分”]

【追記】2019年3月3日
確定申告が無事に終わり、送付したのが2月12日。そして還付金振込のお知らせが来たのが28日。

ちょうど2週間ちょいで振込してもらえました。史上最速。

息子の税金、私の寄付金控除、夫の医療費控除と3人とも無事に還付されました。

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。