本を好きなだけ買いたかった

本を好きなだけ買いたかった

学生時代、とにかくお金がなかった。

授業料はバイトと奨学金でまかなった。
教科書は無いと困るので仕方なく買った。
時給450円で、2000円のテキストを買うには、何時間働けばいいの?と涙目になりながら購買部で買った。
成人式の着物もバイトして分割で買った。
自動車学校のお金も自分で作った。
免許は私の中で優先順位が低かったので、卒業と就職がきまってから、ギリギリに取りに行った。
服を買うお金がないので、毎日Gパンで通学していた。
毎日バイトしていたので、本を読むために大学に入ったはずなのに、読む時間がない。

就職して地元を離れて一人暮らしをした。
手取り9万円でどうやって暮らしたのか、よく覚えていない。母が米や缶詰を送ってくれたのは覚えている。

生きていくことに必死だった。
やっぱり本を買う余裕はなかった。

好きなだけ本を買うのが夢だった。
近くに図書館もなかった。

今、私が住む自治体は図書館が充実しているのでとても嬉しい。
ネットで予約もできる。

読みたい本は迷わず買う。
そう、買うことができるようになったのだ。
電子書籍でも買う。通勤時にスマホの読み上げ機能を使って耳でも読む。
料理を作りながら、身支度をしながらでも。
スキマ時間に本が読める。なんて幸せだろう。

本を好きなだけ買えるようになった。
どんなにつらくても働き続けたからこそ、その夢は叶ったと思う。
どうか働きたい人が働ける世の中でありますように。
働くママが能力を発揮できる世の中になりますように。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top