オンラインサロンをさまよって

オンラインサロンをさまよって

2011年から勝間和代氏が主宰する「勝間塾」に入っていました。
コミュニティは、絶対に相手を攻撃しないという約束で、まあやんわりやり過ごしてきました。
しかしながら運営での齟齬からちょっとしたもめごとが。
それらの争いがいやになって今年の2月末で辞めました。

では、つぎはどこに入ろうか。

「箕輪編集室」に入りました。
勝間塾を辞めた人や掛け持ちの人たちがいたからです。
知った人がいれば楽しいかと入りました。

しかしオンラインサロンって本当に全く違うのですね。
のんびり、与えられるだけのサロンから、自分で何かやらないと何も得るものがないところに移ってしまい、戸惑いました。
私は、そこまでサロンに割ける時間がない。
割けるとすれば、睡眠時間だけ。
しかし、今でさえ5時間半なのに、これ以上減らしたら仕事のパフォーマンスが落ちる。
世の中にはショートスリーパーがいらっしゃるようですが、私は無理だと思いました。
ということで数カ月で辞めてしまいました。

並行し、ニュースピックスアカデミア春学期で、猪瀬ゼミに入りました。
これはガチの講義でしたので、東京まで行く旅費が大変でしたが、猪瀬先生の講義を生で拝聴し、考える機会は何物にも代えがたいものでした。
これは期間限定なので終了後、猪瀬先生のオンラインサロンにとりあえず所蔵しています。

そんなとき、お盆に勝間塾生の集まりが福岡であるということで、お誘いをいただきました。
私はもう勝間塾ではありませんが、いいよ~と言われ、お言葉に甘えて。
ルクセンブルクの勝間塾生が福岡に寄ってくださるという。
しかし私はこの方を存じ上げず、このまま参加しても良く分からない状態だなと思い、お目にかかる日の前日に勝間塾に復帰し、コミュニティを確認しました。
コミュニティには参加者のプロフィールが載っているので。
・・それでもよくわかりませんでしたが(あまり投稿されてなかったので)会いに行ってみると、まあ楽しいこと。
年齢も背景も住んでいるところも仕事も全く違うのに、勝間塾で学んでいる、学んだという共通言語で話せる幸せ。

皆さんはお金の話を堂々と職場や友人と話せますか?
勝間塾では話せるのです。
なぜかと言えば、勝間さんがお金についての講義を折に触れてやるし、本もでてるからです。
何回もこれをやれ、と言われ、ついに証券口座を開き、やってみる。
やってみたら・・・自己責任ですが、ちゃんとパフォーマンスが出る。
みんなやってみてるから、話せるのです。
共通の体験や学びがあるというのは大事ですね。

流行りのオンラインサロンですが、それなりのお金がかかるので、よく考えて、お試しで入ってよさそうなら続け、ちょっとと思えば辞めて、自分に合うところを探すといいのではないのでしょうか。
私は私がぴったりくるところは一体どこなのか、もう少し考えます。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top