箕輪編集室での初めてのライター業務「〇〇をキレイに撮る方法」

箕輪編集室での初めてのライター業務「〇〇をキレイに撮る方法」

箕輪編集室で、ノウハウ記事書きませんか

私は、今年2月からオンラインサロンである箕輪編集室(以下、みの編)に入り、ライターチームへ参加した。
しかし、入っただけで眺めているだけ。何にもやってなくて、どうしたらいいのかわからなかったとき、このスレッドが立った。
「福岡でもいいですか?」
恐る恐る書き込んでみる。
「もちろん!」
と直ぐレスが。

しかし、地方にいるのにどうやってやるんだろ。

何も縛りはないから自由にみの編のノウハウを書いていこう、ということになったのですが、自由すぎて何書いていいか全くわからない。
いくつかノウハウの記事があり、それをまとめてもよいということでしたが、どこまでピンポイントに書いていいのか?
4月のおわりに書いてみたいと手を挙げた人がzoom(複数でネットで話ができるアプリ)で話をし、とりあえず書く順番だけ決まった。
私は2番。
1番が好きな私であるが、ネタを探すのに時間がかかるのと、ゴールデンウイークを利用するしか、書く時間がないので2番を選択した。

何のノウハウにしよう。

私のTwitterは、みの編の仲間たちのつぶやきだらけ。
次から次に箕輪さんが、という話が流れてくる。
その中で目に留まったのが、箕輪さんの秘書である柴山由香さんの写真。
柔らかな光の中で笑う柴山さんのキレイなこと。
カメラは、同じくみの編の池田実加さんだ。
「そうだ、池田さんに柴山さんの写真の撮り方聞いてみよ。」

しかし、池田さんは東京。撮り方を教わると言っても、手取り足取りはネットでは難しいかな。
時間がないので、池田さんにアポイントを取り、SkypeのIDを教えた。
質問を考え、池田さんのツィートをさかのぼって読みまくる。
パソコンとノートとスマホとICレコーダーを用意して、約束の時間にコール。
私のど素人なインタビューに笑顔で答えてくれた池ちゃん。本当にありがとうございます。
今から記事書きます。(ブログを先に書く私)
地方でもやれるよ、ってね。
ただ、今から書くノウハウ記事が採用されるかどうかは全くわかりません・・・。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top