improvement

小学生の子どもにスナック菓子をやめさせる方法

みなさま、夏休みですね。お子さんと楽しく過ごしていらっしゃいますか。
子どもが家にいると、お菓子を欲しがったり、何かと大変でしょう。
なんとか、スナック菓子のダラダラ食いは辞めさせたいですよね。

フォースフィールド分析を使って障害を取り除く

フォースフィールド分析とは、現状に対する変化を促進する力と、変化を抑制する力を書き出して、その対策を考える方法です。

現状

小学生の子どもがスナック菓子を好んで食べている

でも理想は健康的な食事をすることですよね。
子供に対して、スナック菓子辞めなさいと怒ってもあまり効果はない。こういうときにフォースフィールド分析が役立ちます。

変化を抑制する力、つまりスナック菓子をやめない理由としてこのようなことが考えられます。

抑制する力:スナック菓子を辞めない理由

野菜が美味しくないと思っているのかもしれない。
時間がなくて手軽に食べられるスナック菓子に手が伸びるのかもしれない。

変化を促進する力、つまりスナック菓子を辞める理由として次のようななことが考えられます。

促進する力:スナック菓子を辞める理由

子どもが食べたくなるような味付けの野菜、たとえばジャガイモを蒸してバターを乗せたものを食べさせる。
スティック野菜を冷蔵庫にいれて、すぐマヨネーズと一緒に食べられるようにしておく。

ということをやってみるといいかも。

では私の現状と何が障害となっているのかについて明日書いてみたいとおもいます。
それではまた明日!

参考図書はこちら

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。2017年3月修了。MBAホルダーです。2級ファイナンシャルプランナー技能士。2020年保育士資格を取得。2020年9月kindle出版しました。こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーにようこそ https://amzn.to/34OB1qX