背伸びが消費を生んだ時代

背伸びが消費を生んだ時代

日経MJ 2016年8月15日号
「岡崎京子」を再読すると言う記事。

そうだった。
私が高校生だったころ。
東京は憧れだった。
パルコに行きたかった。
東急ハンズに行きたかった。
ananを読み、東京にだけある、最先端が非常に価値を持っていた。
東京に行かないといけないと思っていた。
背伸びをしたかった。あの子が持っていないものを持ちたかった。
違う自分になりたかった。

ネットがそんな特別感をぶち壊した。
東京に行かなければ手に入らないもの。見れないものは、もはやない。
手に入らないから欲しかったあの渇望感はもうない。

今日、ある会議のあと、車で博多駅の前を通った。
パルコも丸井も東急ハンズも福岡に来たよ。
20160515_093650498_iOS
あの、高校生の時代からすると、夢のようである。
背伸びが消費を生んだ、とはまさにそうであろう。バブル世代ですが、何か?

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top