文喫 入場料を払って入る本屋

文喫 入場料を払って入る本屋

私は学生の頃、本が好きなので本屋でバイトしたことがあります。
しかし、本の利益って少ない。
粗利30%なかったと思います。
万引きでもされたら利益吹っ飛ぶなと当時思いました。たぶん今も利益構造は変わらないと思います。
今はネットで送料無料で買えてしまう。電子書籍もある。
そもそも本を年1冊も買わない、読まない人が多数になってると感じる。
スマホが忙しいからね。

だが本屋が閉店した後に、また本屋ができました。しかも入場料を取るというビジネス。
文喫

1500円が高いか、安いか、その人次第ですが、本に囲まれた空間に身を置き、飲食でき、wifiがある。
書いていて、ネットカフェと何が違うんだ?と疑問になりましたが、置いてある本が違うのです。
ジャンルごとの棚には、センスある心ときめく本が並んでいます。
本屋の本の粗利は30%いかない。
だったら本屋に入るのに入場料を取るというビジネスは、面白いと思います。
買わなくても1500円店に入るってすごい。
5000円分の本を買っているのと同じですよね。
普通5000円も本買わないので、それだけでもすごい利益。
モノ売ってないんですよ、この時点で。
コーヒーとお茶は飲み放題ですが、原価はしれてますからね。
軽食も用意してあり、そこでも儲けることができる。店員さんおすすめのドリアを食べましたが、美味しい。レベル高かったです。

文喫 エビドリア

もちろん本を買うこともできます。
いや~福岡でできないかな。これ。

私は土曜日の9:30頃行きました。その時点で19人目でした。
閲覧室の机も空いていたので、コーヒーを頼んで、好きな本を選んで席に着きました。めっちゃ楽しい。本好きにはたまらない空間でした。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月修了。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top