逆算手帳と世界へ出る思考がシンクロした件

逆算手帳と世界へ出る思考がシンクロした件

逆算手帳をご存知でしょうか?

やりたいことを書いていき、ライフビジョンで自分のこうなりたい、を可視化。
では、それを叶えるには?10年後は、5年後は、と落とし込んでいく。
そうすると、今日やらなければならないことが見えてくる。
いつかあれになりたい、こうだったらいいな、お金貯めたいだけでは、そのいつかは絶対に来ない。
そこはわかっているのですが、まだやりたいことリストも全部書ききっていない私。まずいなと思っていたところです。
今日、NewsPicksで毎週水曜日に流れる動画、WEEKLY OCHIAIを見ました。
今回のお題は、スタートアップをアップデートせよと言うものでした。
スタートアップはIPOしてナンボ。上場して会社を売り、お金が入ると、どうしても次を目指さなくなる。
目の前に何十億もあったら、コンサルとかすればいいや、みたいになるらしいです。IPOが目的になると、そこで止まってしまう。
その中で、デロイトトーマツの斉藤さんの話が非常に腑に落ちました。
逆算しろと
目線はすごく大事。世界一から発想するところ、つまり世界一から逆算することで毎日の逆算した日々の努力レベルが変わる。
世界を変えるんだ!というくらいの気持ちがないと。
世界を変えるにはどうしたらいいか、今何をしたらいいか考えろということですね。

差分は何?

そして、デロイトでの入社面接で必ず聞くことは、あなたがいる世界といない世界の差分は何ですか?ということ。
私がこの世に存在する意味を問われるこの質問は、究極だなと。
私でなくてもできる仕事をする暇はないな、と改めて思った。
働くママが能力を存分に発揮できる社会を作る、という私のミッションが浮かんだ。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top