結局時間術ってなんだ?

結局時間術ってなんだ?


やりたいことができる魔法ってあるの?


1日24時間と決まっている中で、軽々と結果を出す人たちがいる。

資格試験、TOEIC、入試・・・能力が違うから、仕方ないよね。

それで済ませていいのか?そりゃ能力は一人ひとり違うのはわかっているが、私の全力を出せば、私なりの資格や結果が出せるのでは?それでいいのでは?別に今から弁護士とか宇宙飛行士になるわけではないし。

一時期、能力という親から受け継ぐどうしようもない差を感じて、どうせわたしはと思っていたが、死ぬほどの努力をしていないよね?と思い直し、この秋からまた努力(無駄かもしれないけど)することにしました。


いつやるのか?


ちょうど、この本を読んだところだ。


締切こそ、やらなければというモチベーションとなる。締切のない作業や試験なんて、一生結果がでないでしょう。

実は9月にTOEIC試験を受けたのだが、SNSで知り合った女性と毎日励まし合って受験した。

彼女は、もうすぐ産休にはいる。だから9月の試験がとりあえず最後。おなかが大きく、しかもお子さんがいる状況で、働きながらTOEICの勉強をしている。

出産があるので締め切り効果は抜群だ。9月が最後って。

頭が下がる。彼女より身軽なのだから笑がんばらねば。といつもよりはまじめに勉強した。さて、結果はどうだろう。


要領がいい人はどうしているのか


たまたまアマゾンで目に付いた本。

この方は言う。本質を見抜けと。

この試験はいったい何を求めているのか?この試験に合格するためには、何を身に着けてほしいのか?

そこを、過去問と対峙して見抜くしかないということなのだろう。

では、TOEICだったら?

基礎的な文法は抑えてほしい。

ビジネスでよく使われる単語は覚えてほしい。

メールやHPからのお問い合わせにはこたえられるようになってほしい。

スマホのチャットの内容くらいわかってね。ということか?次がんばろ。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top