ふるさと納税の手続き

ふるさと納税の手続き

今年の始め、遅まきながらふるさと納税をやってみた。
相手先の自治体は、山形県鶴岡市。
なぜかというと、慶應義塾大学先端生命科学研究所があるから。
そのときの話はこれ

で、実は返礼品のお米を食べて終了していたのだが、寄付金が控除されるためには確定申告をするか、寄付が5自治体までであれば「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」という用紙を送ればいいらしい、ということをうっすらわかっていたものの、放置していた。
しかしいよいよ年末となり、確定申告をするのか、用紙を送るのか選択せねばならなくなった。
ということで、面倒だが鶴岡市へ用紙を送ることにした。
鶴岡市からはずいぶん前に送られてきていた「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」。
名前も住所もすべて印刷されていて、2か所のチェックマークと印鑑を押すだけ。
たったこれだけをなぜやらんの?私。
この用紙はなくしても、ふるさと納税のサイトからダウンロードできます。

あと2市、先日ふるさと納税したので、用紙だけが先に送られてくるのだろうな。
(ビールとバターが来る予定。)
あっそして、関山さんの記事がハーバードビジネスレビューに。

クモの糸の人工合成から、血管をつくる研究まで。すごい。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top