叱られバー

こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーへようこそ㉓

こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーへようこそ㉒https://nariko1.com/archives/4943 しばらくシロさんはパソコンでホロスコープを確認し、何やら生...

「いらっしゃいませ、ああ、お疲れ様でした。」

ママが、響子を笑顔で迎えた。

「あードキドキしました。喉が渇いたわー。ソルティドッグにします。」
「和田さんやないか。」
「あ、松田さん、こんばんは。」

響子がバーに戻ると、松田さんがいつもの席でウィスキーを飲んでいた。

「おー名前覚えてくれとる。嬉しいな。」

松田さんはニコニコ笑って言った。

「どうだったの、占いは。」
「えっ、まあまあでした。」

響子は恥ずかしそうに肩をすぼめた。

「いいこと言われたみたいね。シロさんは当たるから。」
「はい、私のこと金融関係でしょう?と当てたし、びっくりでした。ところでママ、冨田さんのこと、いろいろありがとうございます。お金貯めるためにいろいろ考えてるみたいです。」
「まだ貯めてないでしょう?」

ママと松田さんは笑った。

「まあ、まだ若いから、貯めるのも大事やけど、使うのも大事やからな。」

松田さんはウィスキーを飲みながら言った。

「使うのもですか?」
「そうや、和田さんも自分の好きなものを買う時、ワクワクするやろ。」
「はい、この前ブランドのバッグを悩んで悩んで調べて調べて、とうとう手に入れたんです。これ。」

と言って、響子は持っているバッグを見せてくれた。

「あら、けっこうするわよね。」
「そんなに高級なんか、それ。」

松田さんは、そのバッグの価値がよくわからなかった。

「はい、柔らかくて使いやすいんです。買う前も買ってからもワクワクでした。」
「そういう、自分のために使う楽しさも若い時に体験しておかんと。何のために働いてるのかわからんごとなるけんね。浪費と投資は違うけどな。」
「使う楽しさ。そうですね。」

響子は頷いた。
確かに、自分の働いて得たお金を貯めて、欲しかったものを買ったり、英会話を習ったり、というお金の使い方はとても楽しい。
それが浪費か、投資かと言われるとあやふやなところもあるけれど、よく考えて買ったものだから後悔はない。
しっかり貯めて、しっかり楽しむ。
裕二にも伝えなきゃ、と響子は思った。

こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーへようこそ㉔https://nariko1.com/archives/4950 使う喜びがわかるからこそ、貯めようとがんばれるのかも。 ...
ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。