不動産

リノベーション物件を見に行ってみた

不動産投資に興味がわいてきた

とはいえ、さすがに大根を買うように家やアパートは買えない。
まあ、私にはちょっと無理だなと思っていたこの頃であった。

たまたま、家の近くに一戸建てのリノベーションの物件がオープンハウスになっていた。
どうぞご自由におはいりください、とある。
暑くてたまらない昼下がりであったが、オープンハウスが夕方5時までだったので、ちょっと冷やかしに行ってみた。
営業マンがお一人でいた。

福岡のリノベーション会社の物件とは

まず見たのが水回り。
・・・ドラム式洗濯機がおけそうにない。
お風呂は浴室乾燥ではない。冬、寒いんだよな。浴室に暖房や乾燥があると便利なのだけど。

システムキッチンは、なんと今どき食洗機がない。食器棚を置くスペースがない。
私は、
「この物件、男性が設計したでしょ。女性目線が全く入ってないですよね。」
と聞きました。

「はいおっしゃるとおりで、しかも同じことを前のお客様にも言われました。」
・・・やっぱりと私は思いました。
共働きで一戸建てを買おうと言う家族が、この家を見て本当に素敵だと、ほしいと思うだろうか。

あと二階に上がる階段が急で、しかも手すりがない。
家自体は広々としてほんとにいいなと思ったのですが、私が貸したい、私が借りたい、売りたい、住みたいと思う物件ではないので帰ってきました。
ごめんなさい冷やかしで。

リノベーション会社の物件を見て思ったこと

初めて、こういうところが私にとって必要なんだな、と改めて思った。
つまり働く女性が快適に過ごせる家であるかどうかということ。
勉強させていただきました。
そして買うならリノベ前の物件かなあ。

不動産を見に行く(中古マンション)不動産見学の動機 不動産賃貸業をする暇は今のところない。 ただ、定年が見えてきた今、街中の便利の良いマンションに移り住みたいなぁと言...
 

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つワーママです。2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。2017年3月修了。MBAホルダーです。2級ファイナンシャルプランナー技能士。2020年保育士資格を取得。2020年9月kindle出版しました。こんなお金の知識のない彼とは別れなさい!叱られバーにようこそ https://amzn.to/34OB1qX