Financial planner

国民年金保険料 学生納付特例申請の承認通知

年金事務所からハガキが来ていたらしく、リビングの机に息子が見た後放置していました。

無事に免除されたんだ。

ホッとしました。そのときの記事はこちら
実は新聞記事で気になることが書いてありました。

国民年金を払っているのに、障害基礎年金がもらえない大学生

障害基礎年金をもらうためには、保険料納付要件を満たさなければなりません。
保険料納付状況は、初診日の前日がどうだったかで判断されます。

21歳の大学生が障害年金の事由に該当する傷病になりました。
20歳のときに学生納付特例の手続きをせず、気づいた親が後から保険料を納付しました。
保険料は2年前にさかのぼって納めることができるため、ちゃんと納付すれば、未納期間はなくなります。
この親御さんもさかのぼって納付したから、大丈夫と思っていたのでしょう。
しかし、障害基礎年金は、初診日の前日に納付していたかどうかなので、後から払ったとしても年金がもらえないという衝撃の事例でした。
(西日本新聞2019年2月22日より)

そんなの、知らないですよね・・・。払ってるからいいと思いますよね。
私は息子が20歳になり、納付書が来た瞬間に送られた書類を読み込み、学生納付特例の申請をしたため、無事に20歳になった月から承認されました。
知らないと言うのは恐ろしいことだなと改めて感じました。
みなさんも免除申請や納付は忘れずに手続きをして下さい。自分を守るためです。

ABOUT ME
得子(なりこ)
得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。 2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。 2017年3月修了。MBAホルダーです。 2級ファイナンシャルプランナー技能士。