得子、ロードスターを買いに行く その6

得子、ロードスターを買いに行く その6

夕方6時を過ぎ、ディーラー自体はもう店じまい。
私たちは、表はもう閉まっているので裏の出入り口から入ってくるようお願いされていた。
「気づいてないし・・・」
私たちが裏から入ってきたのに気づかず、よそを向いて立ちすくんでいた営業。
私たちが来たのにやっと気づき、満面の笑顔で駆け寄ってきました。
「ずっと待ってたの?」
「はい!」
なんか、気の毒になってきた・・・今日で営業は終わりで、明日からお盆休みのはず。
さっさと帰りたいでしょうに。

「お見積り見ていただけましたか?」
・・・ああ、ヘルシオ分オプション外したやつね。
「見たけど・・どうせまけてくれないんでしょ。」
「そうですね~ブランドを傷つけたくないからですね~」
本当に感心するのだが、営業くんはこちらの言うことは絶対否定しないんだよね。
一旦肯定してから自分の主張を言う。仕事として勉強になるわ。
「で、マネージャーさんはなんと言ってるの?」
「今、営業部長とお話ししています。」
ふ~ん、まだ店長まで話が通らないんだ・・・

そして、昨日と違うスーツを召した、相変わらずかっこいいマネージャーさんがやってきた。
「すみません、部長と話していたのですが・・」
あ~だめなんだろうな。笑顔が曇ったよ。
「はい、金額はこれ以上・・・。」
じゃ、もう話すことはないね。
「それじゃあ帰ります。」
「えっ」

だって、ヘルシオ分でないんだったら、予算オーバーだし。
「えっ次はいつお話しできますか?」
はあ?まけてくれないんだったらいつとか言われても・・・。
「とりあえず、日曜ですね、今度の。」
ということで決戦は日曜日らしい。
私たちが車に乗ると、マネージャーと営業くんは走って出入り口まで行き、私たちを丁重に見送ってくれた。
さすがだ・・・。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top