得子、ロードスターを買いに行く その4

得子、ロードスターを買いに行く その4

翌日、帰福した高校時代の友人とランチを取ったあと、ヨドバシカメラへ付き合ってもらった。
果たして、ヨドバシには2016年モデルのヘルシオがなかった。
あるのは最新モデルのヘルシオ。
「え、なんでないの?これの旧モデルは?」
と店員さんを捕まえて聞くと
「あ、もう2017年モデルしかないんですよね。在庫はなくなりました。」
そ、そんなに人気なの?
確かにネットでもヨドバシドットコムには在庫がなかった。店頭にはあるのかな、と油断していた。
あわてて価格comを確認すると、ビックカメラ.comに昨日あった最上位機種の旧モデルが売り切れている。まじか。
お盆明けまで待っていたら、大手電器屋のサイトから在庫がなくなる気がしてきた。
これは、決断を急がねばならない。

友人は、お父さんが日産の社員だった。
「へ~ロードスターって強気なんだね。ネットでさ、値引き額がでてるはずだから見たら?」
と言う。え、そんなのあるんだ、と検索。
う~む、車体価格からは0~5万とある。やはり値引きは厳しそうだ。
「でもさ、オプション価格を負けてもらうという手があるよ。」
え、オプションって負けてもらえるの?
確かに定価がそのまま上乗せされていたが・・・。
そんなやりとりをしていたら、夫からLINEが。
「マツダから連絡があった。来てほしいって。」
は?とにかく私は友人と歓談中だから、私が調べたビックカメラの価格持って夫一人で行くよう伝える。

しばらくして、また夫から連絡が。
も~落ち着いて友人と話せない。
うるさいので、友人と別れ(友人は健闘を祈ってくれた)、家に戻ることにし、駅まで夫に迎えに来てもらった。
案の定、夫はヘルシオ分のオプションを外した見積書を渡されたらしい。
こんなの意味ないし。
「こうなったら別のディーラーに行こう。」
ええ?夫はそんなことしていいの?とおろおろ。
いいに決まってるじゃん。行くよ、と夫を促して別のマツダへ向かった。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)

得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。

ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。

2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。

2017年3月卒業。MBAホルダーです。

2級ファイナンシャルプランナー技能士。


Return Top