フューチャーマッピング入門

フューチャーマッピング入門

今日は、SNSでつながった女性と近くのスタバで朝活。
開店と同時にスタバに行くのは初めてでした。
二人でフューチャーマップで自己紹介をする、という課題に取り組みました。

実は初めてお会いした彼女。
(よく初めての人と二人で会うよな・・・と我ながら驚くが・・。)
共通項は、子育てしながら働く女性ということくらい?
年齢も背景も全く異なるのに、SNSでゆるくつながって会うことができるとは。
今の時代ってすごいなと改めて思います。
だって放っておくと、職場と家の往復で終わりますからね、人生も人間関係も。

まず白い紙に6ブロックの表を書く。
左から0歳、一番右が自分の今の歳。真ん中二つは適当に18と34と割り振る。
そして、利き腕と反対の手でペンを持ち、右上から左下まで曲線を描いていく。
曲線のうねりの変わり目が変化の変わり目ということで矢印をつけていく。
さて、私は8歳と20歳と34歳、そして45歳で矢印をつけました。

よく考えると、8歳のころ、母の実家の近くに引っ越したのですよね。
今までマンモス小学校にいたのに、急に都会の小学校へ行くことになりました。
1クラス40人から20数名のクラス。
しかもほぼすべて商売屋の子ども。
私はそこで、いやというほど収入格差を見せつけられました。
商売がうまくいっている家の子はこんなに羽振りがよいのか。
特に医者の家の子はすごかったな。
私はここで、金持ちになるということはこういうことかと強烈にインプットされました。

20歳。大学生です。
放送局でバイトしました。アナウンサーが使う化粧水、SKⅡでした。
一本1万円はするその化粧水を使う身分になりたいものだとつくづく思いました。
時代はバブル直前、ものすごく景気のよい放送局で、またしてもいい会社に就職するとはこういうことかと学びました。
しかし私は公務員となるのです。
同級生には呆れられましたが、地に足をつけた就職をしようと心に決めていたため、迷いませんでした。
しかもこんなにいい景気が続くはずがないと思っていたから。

34歳。子育てしながらの仕事がとてもきつかった時代です。
保育所の延長を申し込み、ぎりぎりまで働いてお迎えに行く日々。
それでも仕事が終わらず、土曜日も出てたあのころ。

そして45歳。SNSで正しい努力の仕方を学んだことで大学院を受験するきっかけとなりました。
うわ~みごとに自己紹介になっていますね。
区切った年齢を変えれば、そこで何があったかがまた違ってくるので、何回でも自己紹介はできますね。
フューチャーマッピングの手法は、もちろんこれは初心者向けであって、全く異なるところから自分の課題の解決を引き出すことができるようです。
めっちゃ面白いです。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top