得子、ロードスターを買いに行くその9

得子、ロードスターを買いに行くその9

今日休みの夫からLINE。
「マツダから電話あった?」
・・・ないけど。なんで。
「俺じゃ話にならないんだって。」

そりゃそうだろう。
いくら夫がロードスターを買いたいからってマツダに日参したところで、お金の管理は私ですから。

その前に、九州マツダでなく、南九州マツダで見積もりを取った夫。
そこでは、マイナー(と言えるのか?)チェンジの情報をゲット。
え、そんなこと、教えてもらってないよね。

「なんでそんな情報教えてくれないんだろう。なめてんじゃないの?」
マーケティングの何たるかがまったくわかっていない。
顧客は特別感、大切にされている感がほしいのだ。
あなただけ、特別、というささやきがいかに鼓舞するか。そこは南九州マツダのほうが絶対わかってる。

そして、夫がなぜロードスターをこれほどまでに買いたいのか。

車にこだわった俺が乗る車。俺にふさわしい車はこれしかない。

と思っているに違いない・・・そこ、わかってるのか?
ジョブ理論を教えたほうがいいのでは?
頼まれてもないのに、若い営業に説教したくなってきた。

そして、夫からまたLINEが。
「ヘルシオ分引くってよ。」

はあ??あれだけ負けないっていっていたのに。どういう風の吹き回し?
営業と話をせねば。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top