得子、ロードスターを買いに行く その8

得子、ロードスターを買いに行く その8

翌日の日曜日、マツダの若い営業から泣きの電話が入った。
「なに、昨日店長さん出てきたんだって?」
私が聞くと、
「そうなんですよ。ヘルシオの件も店長にお話ししたのですが、さすがに不思議な空気が流れたものの・・(注:筆者はヘルシオというレンジを買ったため、どうしてもその分まけてほしいと理不尽に訴えていた。)理解いただきました!」
不思議な空気・・そうだろうなあ・・マツダにとっては私がヘルシオを買おうと何しようと関係ないし・・・。
「とにかくお時間いただけますか。」
この若い営業が全く持って気の毒になってきて、行くと伝えた。
夫が横で小躍りしていたのは言うまでもない。

ディーラーに行くと、営業が満面の笑み。
久しぶりにあの笑顔君に会えたなあとしみじみ。まぶしいよ。
「お待ちしておりました!」
駐車場が空いていなくて、仮スペースのところに留めさせてもらったが
「あっいいんです、いいんです、止めてください!」
もうひれ伏さんばかりの態度。

そして、なぜか今日はパソコンで商談を始める若い営業。どうしたのかな。すぐ数字入れられるように?臨戦態勢ってこと?とちょっと心がときめいたところで、イケメンマネージャーがやってきた。
しかも超キラキラの笑顔で。
もうね、この笑顔、何回も書くけど無駄に爽やかなのよ・・・クラっと行きそう(ハンコ押しそう)になるのを理性で抑える。

「なんでパソコンなの?」
と聞くと、マネージャーが
「すみません、プリンターの調子がおかしくて。」
なんだ、すぐ値引きの額を入れられるようにかと思ったよ。
そして私の希望額とディーラーの希望額の乖離が埋められるのかというところであったが、マネージャーが打ちこんだ金額は・・・・。

ABOUT THE AUTHOR

得子(なりこ)
得子(なりこ)です。このブログを運営している、大学生の息子を持つ働く母です。
ポルノグラフィティとbacknumberが好きです。
2015年4月からMBA取得のため、仕事をしながら大学院で勉強しました。
2017年3月卒業。MBAホルダーです。
2級ファイナンシャルプランナー技能士。
Return Top